コスパ最強商品紹介

LINEをメモ帳がわりに使う

仕事をしている時以外は、常にスマホかパソコンを触っていますボンバ(@bomberhead555)です。

 

うーん、充実してるな←

 

今回は、「買い物に行ったが何を買うのか忘れた!!!」

 

というコメントをtwitterで見たので、LINEを使ったメモ帳について書こうと思う

 

今回の記事に向いているのはこんな人

  • 買い物に行ったときに良く買い忘れをする人。
  • 思い出した時にメモ帳がなくて、イライラした経験を持ってる人
  • 他の店の値段も比較したいときに、写真もあればいいなぁと思ってる人
  • スマホが生活の一部になっていて、常に持っている人
  • コミュニケーションツールとして、LINEをよく使っている人

LINEの利用者はおよそ8000万人以上

統計局ホームページによると2019年6月現在、日本人口は1億2623万人らしい。

 

ということは、日本人の63%はLINEを使ってるという事か?すごいな……。

 

今から新しいアプリを取るのも面倒。

というか、アプリだらけで何が何だかわからん!という人もいるだろう。

 

ボンバとかな!

 

買い物の衝動買いは、ほとんどしないくせに、アプリやプラグインの衝動入れ?は良くするから、結構ゴチャゴチャになってる。

 

とりあえず、グループを作ってみる

え?グループ相手の友達がいないって?

 

HAHAHA!

 

ボンバなんて、グループ作成の手順を最近知ったんだぜ

 

HAHAHA!!!

 

・・・というわけで、手順だ←涙声

 

 

ホーム>ともだち>右上のアイコンをクリック

 

↓この画面に飛ぶはずだ

グループ作成までの手順はOKか?

友達は選択せずに、「次へ」を押す

 

つまりは、自分一人のグループトークを作り、一人もくもくとつぶやく・・・ということだな。

 

うわぁ、考えただけで悲しい(-_-;)

 

※もちろんつぶやいたところで誰からも返事はない

 

グループのタイトルは「メモ帳」とつければOKだ

 

LINEを使うことのメリット、画像が簡単にメモできる

値段の比較をしたいときに、写真を撮ることはあると思う

※だいたいのお店では禁止されてるから、店員さんに断りを入れてから撮るように!

 

LINEには、画像添付の機能もついているから、画像ごとメモ帳に貼ることができる。

 

また、PCにも簡単に連動できるので、PCに写真を送りたいときもLINEで画像を送れば、すぐに反映させることもできる。

 

ノートを使えば、長期的なメモも保管できる

たとえば、毎回行っている美容室の営業時間。

 

タイムサービスの時間

 

振込の金額や、振込口座。いつまでにやるか・・・

 

いますぐではないけれども、長期的につかうメモなんかは、ノートに書きだしておけばいつでも見ることができる。

 

もちろん、keepを使って保管もできる。

 

ただ、keepは自分だけの保管庫・・・的な意味合いだから、そもそもグループ自体が自分のメモ帳な場合は、使えるかといえば微妙になるのかな・・・と思うw

 

もちろん、するべきことが終わったら削除すればいいので、「to doリスト」のような使い方もできる。

 

いちいちラインを開くのが面倒くさい!

効率化を求めるのは大変良いことだ。

 

筋金入りの面倒くさい人は、誰よりも効率化に長けていると思っている。

 

では、ショートカットキーの作成にうつる。

 

①右上の▽三角みたいなのをクリック(青丸のところだな)

②設定を開く(青丸のところだな)

③トークショートカットを作成。クリック

これで、ショートカットアイコンがデスクトップに表示されたはずだ。

これで、いつでもメモ帳を開けるな。

 

今回は字数はあまり足りないが、このへんで!

ボンバ
ボンバ
毎日リライトか新記事投稿してます!ぜひフォローお願いします!

 

 

ABOUT ME
ボンバ
年収250万の社畜が、ネットの力で年収を+200万まで上げた話。 マネー情報、株、仮想通貨など。新しい情報はどんどん取り入れる。 貯金が10万しかなくてもネットがあれば稼げる!今こそ国を!ゆとりと笑う者たちを!見返す時だ!
この記事を見たあなたにおすすめ!